【本田ヒルズタワークリニック】仮性包茎は治療が必要?!

2019年7月6日

仮性包茎とは?

仮性包茎とは、平常時は亀頭が包皮(ペニス表面の皮膚)に覆われていますが、包皮を自分で剥けば(反転させれば)亀頭を露出させることができる場合や、勃起した時には自然に亀頭が露出する場合のことを言います。 簡単に言い換えると、皮を被ってはいるものの、簡単に亀頭を露出できるものが、仮性包茎です。 小さなお子さんであれば、仮性包茎は一般的で、病的なものとはされません。 また、仮性包茎は日本人には多く、以前は治療の必要はないとされていました。 しかし近年の研究では、仮性包茎には自分だけでなくパートナーにもデメリットがあることがわかっています。

仮性包茎のデメリット

仮性包茎で最も心配なのは、衛生面です。亀頭が覆われているために、包皮との隙間に汚れが溜まりやすくなります。 それはニオイの元にもなりますし、細菌が発生する原因にもなります。 さらにこの細菌は性病の原因になることもあり、パートナーに感染すると不妊や子宮頸癌の原因になる可能性もあるのです。 と言うのも、包茎のペニスには子宮頸癌を引き起こす「ヒトパピローマウィルス」の存在が多いことが明らかになっているのです。 そうなると、仮性包茎は自分1人だけの問題ではなくなってしまいますよね。 また、包茎であることをコンプレックスに思う人もいるでしょう。 包茎であるがために積極的になれないのであれば、十分治療の必要があると言えます。 さらに、平常時に包皮で覆われているため、刺激に弱くなり早漏になりやすいという可能性も否めません。 早漏であることもコンプレックスになりやすいことですから、その観点から治療を考える人も珍しくありません。

仮性包茎の治療方法

仮性包茎の治療方法は、症状によって変わってきます。 あまっている包皮の長さも人それぞれで、長さによっては必ずしも切る必要はありません。 根元の皮膚を手繰り寄せて糸で止める方法や、カリの高さを高くして引っ掛ける方法、切らない長茎術を行うという方法、それらを組み合わせる方法などがあります。 いずれにしろ、座ったり、寒くなって縮んだりしても、亀頭が覆われないようにします。 仮性包茎は治療することで細菌感染やニオイの心配はもちろん、コンプレックスを解消でき、自分に自信が持てるようになります。 ですから、少しでも気になることがあれば、1度診察を受けることをお勧めします。 東京都中央区近辺で男性専門クリニックをお探しの方、まずは当院にご相談下さい!

カテゴリ一覧