包茎・早漏・長茎手術実績日本一!日本一の個人手術数を誇る本田医師が対応します。一生に一度の大切な治療だからまずはカウンセリングで不安を取り除きましょう。安心してご相談下さい

包茎・早漏・長茎の豊富な手術実績

数多の個人手術数を誇る本田医師が対応します。
一生に一度の大切な治療だから
まずはカウンセリングで不安を取り除きましょう。
安心してご相談下さい。

本サイトは男性専用クリニックです。女性専用クリニックのサイトは別にございます。

診療内容

包茎治療を考えているあなたに覚えておいてほしい3つのこと

各専門医療の名医を紹介する「スーパードクター」さんから本田総院長に取材の依頼があり、出演いたしました。

子宮頸がんについての関心が高まる昨今、ヒトパピローマウィルスが原因と言われており、そのウィルスの温床となりやすい包茎の危険性と、切らない包茎手術「本田式切らない包茎手術」に関しても詳しく解説しておりますので、ご参考になればと思います。

【切らない長茎術の特徴】

本田式 切らない長茎術では、お腹に埋もれている部分を引き出し、固定することで長くすることで長茎を可能にします。従来の包茎手術は切る手術だが、切らない長茎術は針と糸だけで行います。

【切らない包茎手術の特徴】

人体に無害なヒアルロン酸などを注射することで鬼頭を増大しカリを高く保ちます。余った皮をそのカリ部分にひっかけてかぶらないようにすることで、包茎が改善されます。吸収されてなくなるなどの問題点があったが、技術の進歩によって吸収される速度が遅くなりさらに安全性も向上しています。

【切らない手術のメリット】

切らなければ針の穴しか傷がないので傷跡が残りません。切ると1週間程度、入浴ができなくなりますが、切らない手術だと翌日には入浴可能です。また、個人差はありますが、総じて性感が悪化しにくいのも特徴です。

総院長ごあいさつ

総院長:本田昌毅

本田医師こと本田ヒルズタワークリニック総院長、本田昌毅です。

なぜもともと精神科医の中の精神科と言われる、「うつの夜明け」の著書であり、精神鑑定が出来、強制入院させられるような権限を持つ精神保健指定医の私が、包茎治療を行なっているのか。

世間的には、精神科医と包茎治療医とは結びついていないようですが、それは無理ありません。体の病気に対して内科と外科があるように、心の病気に対しても内科と外科が必要だと気付き確信が持てたのは、それだけ一生懸命、精神科医の仕事に取り組んだ賜物だと思っております。コンプレックスという心の病気に対しては、どんな精神療法も歯が立ちません。コンプレックスの元に対しメスを入れることが、一番だという結論に達した瞬間、私の進むべき道はここだと思い、突き進んできました。

その結果気がつけば私が技術開発した亀頭直下埋没法や切らない長茎術という術式がポピュラーになったり、全国に技術指導した医者が50人、そしてメスを入れた患者さんが3万人以上になりました。

また、もうひとつ言えることは、“他にいない”と言うことです。何がいないかと言うと、包茎治療をやってますと堂々と顔も名前も紙面やインターネットだけでなく全国放送のTVでまで全面的に出してやっている医者が他に居るか?ということです。

ひとつは、責任感の表れです。本田昌毅という個人名を出して、看板にすると言うことは、それ自体、責任を私が持ちますという責任感の表れです。もうひとつは、顔も出すことによって、今現在も世間に恥じるようないい加減なカウンセリングや施術はせず、これからもずっと妥協せずやっていきますという証です。従って患者さんに対しては、常に120%、150%の力を持って一人ひとり臨んでおりますし、多くの著名人の方々まで治療させていただいているので変な治療は出来ません。また、常に自分自身を露出することで誤魔化しの治療をするとか、無責任な治療は出来ない。それを自分自身のハードルとしてやってきております。

全国に10拠点、今年で沖縄に開業してから10年以上が経ちました。それをずっとやってこれて、それを拡大してこれたことが、日々、ひとりひとりの診療の賜物です。もしこれまでに間違ったことをしてきたり、変なことをしてきていたのなら、今の自分は無いでしょう。

よく患者さんからも、何が本物で何が偽者か分からないと言われることがありますが、ひとつは名前も出して顔も出してやっているということ自体が、正しい答えではないかと思います。