【本田ヒルズタワークリニックコラム】真性包茎は専門クリニックで治療を

2019年7月6日

真性包茎とは

  真性包茎とは、平常時に亀頭が包皮に覆われているだけでなく、勃起時にも亀頭が露出しない場合のことを言います。 真性包茎の原因としては、もともと包皮の先の方がせまいという先天的なものと、包皮と亀頭が炎症などで癒着を起こしてしまった後天的なものがあります。 包皮を自分で剥こうとしても露出ができないばかりか、痛みを感じることもあります。 そのまま放っておくと勃起時に痛んだり、排尿障害を起こしたり、陰茎癌の心配も生じてきます。 日常生活や性生活において様々な弊害をもたらすため、治療は不可欠です。治療には保険も適用されるため、手術を行っても比較的安く済むのが特徴です。

真性包茎の心配すべきポイント

  真性包茎は汚れが取れにくく、イヤなニオイの発生だけでなく、炎症を起こしやすい心配があります。 溜まった汚れから発生した細菌から、性感染症にかかりやすくもなりますし、そうなればパートナーにうつす可能性も高まります。 また、不妊の原因になることもあります。 コンプレックスや勃起時の痛みから、勃起不全にもなることや、射精が出来ないことも少なくありません。 先ほど述べた排尿障害等、さまざまな病気の心配もありますので、なるべく早めに治療を受けるのをお勧めします。

真性包茎の治療方法

真性包茎の治療は熟練した技が必要な手術になります。 自分で無理に剥くと悪化してしまうこともあるので、専門クリニックを受診してください。 特に重要とされているのは、狭官部(締めつけている部分)の処理です。 締めつけを起こしているのは、包皮の内側のコレス筋膜という筋膜の一部です。 神経を傷つけないように、余計な締めつけだけを取るようにします。 また、包皮と亀頭との間に癒着をおこしてくっついてしまっている場合は、丁寧に綺麗にはがします。 この際、未熟な医師では癒着をうまくはがせず、強引に亀頭の皮膚や組織の一部をはがしてしまうこともあります。 いずれも、後遺症が残ってしまう可能性もある、難しい手術と言えます。 クリニックを選ぶ目安として「確かな技術を持っている医師がいる」のは絶対条件だと覚えておいてください。 真性包茎はコンプレックスを感じるだけでなく、健康上にもさまざまな問題点が生じてきます。 そのまま放置しても、悪化することはあっても、改善するのは難しいでしょう。 東京都中央区近辺で男性専門クリニックをお探しの方、まずは当院にご相談下さい!   ※その他、真正包茎やカントン包茎に関する記事はこちら…【本田ヒルズコラム】真正包茎とカントン包茎の明確な違いにを解説

カテゴリ一覧