【本田ヒルズタワークリニックコラム】包茎が原因で性行為や温泉が怖い?

2019年7月6日

女性と違って男性は、温泉でもタオルで陰部を隠さない人が多いですよね。 思春期の頃は修学旅行などで、無邪気に大きさや毛の生え具合を比べたものです。 大人になるにつれ、そんな機会は減ってしまい、他人のペニスを間近に見て比べることはほぼなくなります。 しかし、ふと気がつくとかぶったままの皮、そして感じる違和感…。 それが原因で自信を持てなくなってしまう人は、珍しくありません。

包茎の種類

包茎と一言で言っても、原因と状態によっていくつかの種類に分けられます。 ・仮性包茎 平常時は包皮が被っており亀頭が露出していませんが、自分で剥いて亀頭を露出させることが出来る状態です。 また、勃起時には自然に露出します。 ・真性包茎 平常時も勃起時も、亀頭が露出しない状態です。自分で剥こうとしても剥けない、または痛みがあるため困難です。 ・埋没包茎 肥満などで下腹部がたるみ、ペニスが埋もれたり、引き込まれている埋没状態です。 本来の長さより短く見えます。 ・カントン包茎 平常時には亀頭が露出しておらず、勃起時などに自分で剥くことは出来るが、締めつけがきつい状態です。 無理に剥くと亀頭がうっ血したり、包皮が戻らなくなり、ひどい場合は壊死することもあります。 ・炎症性包茎 包皮に傷がつき炎症を起こし、治っても傷ついた部分の皮膚がもろくなっていく状態です。 皮膚がもろくなることで傷つきやすくなり、炎症を繰り返してしまうので、しめつけが酷くなる悪循環に陥りやすいです。 ・老人性包茎 加齢が原因でたれた皮膚や出てきたお腹にペニスが埋まってしまったり、ペニス自体が萎縮して短くなり皮をかぶってしまう状態です。 ペニスが体内にめり込んだ状態になることもあります。

包茎は恥ずかしい?

包茎の種類によっては、なるべく早く手術による治療が必要なものもあり、恥ずかしいという言葉で済まされません。 そのまま放っておくと排尿障害や亀頭包皮炎、陰茎癌など様々な病気の原因となる可能性もあります。 また、男性側の不妊だけでなく、性行為によってパートナーの不妊や子宮頚がんの可能性も否めません。 恥ずかしいと思いながらもなかなか治療を始められないのは、仮性包茎や埋没包茎、老人性包茎です。 特に仮性包茎は日常生活に目立った弊害がないことや、日本人には珍しくないという理由から、治療を受けない方も多いかもしれません。 しかし、コンプレックスから性行為に踏み切れない、温泉などで見られるのに抵抗がある、恋愛に積極的になれないなどでも、十分治療に踏み切る理由になります。 また、仮性包茎は包皮と亀頭の間にホコリや汚れが溜まりやすく、ニオイや細菌の発生原因となるのも心配な点です。 包茎のペニスには、子宮頸癌を引き起こすヒトパピローマウィルスの存在の多さも指摘されており、見過ごすわけにはいきません。

こんなことありませんか?

あなたは温泉に行くのに抵抗があったり、女性に見られて恥ずかしいと感じたりすることはありませんか? 性行為の前にニオイが気になってしまうことや、そもそも行為自体に躊躇いがあることはありませんか? 勃起不全や射精までいけないなど、1人で悩んでいませんか? もし少しでも思い当たることがあれば、少しの勇気を出して、クリニックを訪ねてみてください。 包茎の治療に向けたその一歩は、あなたの人生を大きく変えるはずです。 男性特有の悩みには、熟練した男性の医師をはじめ、スタッフが寄り添って考えます。 包茎で悩んでいる人は、あなただけではありません。安心して男性専門クリニックへいらしてください。 東京都中央区近辺で男性専門クリニックをお探しの方、まずは当院にご相談下さい!

※その他、包茎に関する記事はこちら…

カテゴリ一覧