【本田ヒルズタワークリニック】性欲UPに影響を与える食べ物

2019年9月28日

「最近、性行為をしても興奮しない…」 そんな悩みを抱えている男性は、決して少なくないでしょう。 でも、諦めるのはまだ早いです。 実は、落ちた性欲というのは、性欲アップに繋がる食べ物を摂取することで、多少改善する事ができるのです。 今回は、性欲をアップさせる食べ物とダウンさせてしまう食べ物について解説します。

性欲をアップさせる食べ物にはどんなものがある?

性欲アップに繋がる食べ物は、私たちの身近なところにたくさんあります。 以下の食べ物を積極的に摂取して、性欲アップに繋げましょう。 ①スイカ スイカには、血管をリラックスさせる効果があり、生殖器の血流が良くなることで、性的興奮が増長されます。 これは、スイカの皮の部分に多く含まれる“シトルリン”という成分によるものです。 ②赤ブドウ 赤ブドウに含まれる“ボロン”という成分には、男性ホルモンの分泌を促す作用があります。 体内におけるテストステロン(男性ホルモン)の値が高まると、生殖器に多くのエネルギーが送られ、性欲アップに繋がります。 ③セロリ セロリに含まれるアミノ酸の“アルギニン”には、血管拡張効果があり、これも性欲アップに繋がります。 また、体内でセロリが消化されるときには、2種のステロイドがフェロモンとなって汗腺から出てくるため、女性に魅力を感じてもらいたい男性にもおすすめですね。 ④ニンニク ニンニクには、“アリシン”という成分が豊富に含まれています。 アリシンには、血流を良くし、性欲をアップさせる効果だけでなく、ペニスの勃起を維持しやすくなる効果があるため、性行為において女性にがっかりされる心配も少なくなるでしょう。

性欲をダウンさせてしまう食べ物って?

性欲が落ちてきている男性の中には、性欲をダウンさせてしまう食べ物をたくさん摂取してしまっている方もいるかもしれません。 これ以上性欲を落としたくないのであれば、意識して以下の食べ物の摂取を控えるようにしましょう。 ①市販の揚げた食品 ポテトチップス、フライドポテト、チキンナゲットなど、市販の揚げた食品の中には、“トランス脂肪酸”という成分が含まれる場合があります。 トランス脂肪酸は、肥満や心疾患のほか、気力の低下にも繋がると言われており、物事に対するやる気が削がれることで、性欲がダウンする可能性は十分にあるでしょう。 ②アルコール アルコールは、少し飲む程度なら性欲が刺激されることもありますが、飲みすぎると性欲ダウンに繋がります。 アルコールで肝臓が弱ると、倦怠感によって性行為をする気力、体力が損なわれてしまうためです。 ③甘いお菓子 男性の中にも、ケーキなどのお菓子を1日にたくさん食べるという方はいるでしょう。 ただ、精製された糖分は、急激に血糖値を変動させてしまい、これが性欲ダウンにつながると言われています。

性欲が戻ってこない場合、EDの可能性も…

性欲は落ちる一方で、なおかつ性欲アップに繋がる食べ物を摂取しても改善しないという場合、それはED(勃起不全)の前触れかもしれません。 EDになってしまった方の多くは、性欲の低下や不感症、中折れなどの初期症状を経ています。 1度EDになってしまうと、男性としての自信を失ってしまうだけでなく、クリニックでの治療を行う必要も出てきます。 したがって、長期間性欲の低下を感じているという方は、まず1度男性クリニックに相談しましょう。

まとめ

多少の性欲低下であれば、性欲アップに繋がる食べ物を摂取することで、ある程度カバーできます。 ただ、性欲ダウンに繋がる食べ物を大量に摂取していては意味がありませんし、そもそもEDになる直前まで性欲が低下している場合、食べ物の摂取だけではなかなか改善しないことが予想されます。 東京都中央区近辺で男性専門クリニックをお探しの方、まずは本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい!

カテゴリ一覧