【本田ヒルズコラム】食べ過ぎると性欲が減退する食べ物

2019年12月11日

健康に気を遣って食べているものでも、食べ過ぎると性欲の減退に繋がるおそれがあります。 どんな食べ物が性欲の減退に繋がるのかを把握しなければ、知らず知らずのうちに男性としての魅力を失っていく可能性があるため、注意しましょう。 では、具体的にどんな食べ物に気を付けるべきなのでしょうか?

食べ過ぎると性欲が減退してしまう食べ物①~大豆~

大豆は非常に栄養が豊富な食べ物であり、普段から意識して食べているという方も多いでしょう。 ただ、大豆には、“大豆イソフラボン”という成分が含まれており、これは女性ホルモンと同じ働きを持つ成分であるため、男性が摂りすぎると、性欲減退に繋がりやすくなります。

食べ過ぎると性欲が減退してしまう食べ物②~ホウレンソウ~

緑黄色野菜の代表格であるホウレンソウも、意識して摂取している方は多いでしょう。 鉄分やビタミンC、ビタミンB群やカロテンなど、さまざまな栄養素が含まれているホウレンソウですが、その一方で、性欲の減退に繋がる“シュウ酸”という成分も含まれています。 これは、性欲向上に効果的なミネラルの一種である“亜鉛”の吸収を防ぐ成分のため、摂取し過ぎるのは良くありません。 ちなみに、シュウ酸は、たけのこやバナナ、大根などにも含まれています。

食べ過ぎると性欲が減退してしまう食べ物③~乳製品~

チーズなどの乳製品は、食べ過ぎると倦怠感、つまり“気だるさ”を感じてしまいます。 つまり、乳製品を食べ過ぎて、倦怠感が続くような状態になると、必然的に性欲も減退してしまうということですね。

食べ過ぎると性欲が減退してしまう食べ物④~かまぼこ~

普段何気なく食べている方も多いかまぼこですが、かまぼこには、“有機リン酸”という成分が含まれています。 有機リン酸は、カルシウムと結合し、体外に排出してしまう成分であり、これが結果的に性欲の減退に繋がってしまいます。 なぜなら、体内のカルシウムが不足すると、勃起と射精をコントロールする神経に悪い影響を与えてしまうためです。 また、有機リン酸は、コーラやハム、ソーセージなどの加工肉にも含まれているため、それらの食べ過ぎにも注意しましょう。

食べ過ぎると性欲が減退してしまう食べ物⑤~ウーロン茶~

意外と思われる方も多いかと思いますが、ウーロン茶の飲み過ぎも性欲の減退に繋がるとされています。 ウーロン茶は、常温でも冷水でも、身体を冷やしてしまう効果があり、その結果、身体全体の活動能力が鈍って、性欲の減退に繋がります。

食べ過ぎると性欲が減退してしまう食べ物⑥~コーヒー~

毎日のように飲むという方も多いコーヒーですが、性欲を減らしたくない男性にとって、飲み過ぎはあまり良くありません。 コーヒーに含まれている“カフェイン”には、血液量を増加させたり興奮作用があったりするのですが、コーヒーには先ほども解説した“シュウ酸”も含まれており、たくさん飲むことで性欲向上に繋がるとは言えません。

性欲がなかなか向上しない方は男性クリニックへ!

性欲が減退したままの状態が続いている方は、すでにED(勃起不全)に片足を踏み入れているかもしれません。 そのため、少しでも性欲の異常を感じたときは、すぐ信頼できる男性クリニックに相談しましょう。 当院本田ヒルズタワークリニックでは、精神科医である院長が、カウンセリングから施術まで責任を持って行います。

まとめ

ここまで、食べ過ぎると性欲減退に繋がる食べ物について解説してきました。 健康のためにたくさん食べていたものが、結果として、性的なものから遠ざける原因になってしまっていては本末転倒です。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧