【本田ヒルズタワークリニック】増大手術以外でペニスを増大できる?

2020年1月30日

“手術=怖い”というイメージは、どのような手術であっても付きまとうものです。 ペニスが小さいことを気にしている男性の中にも、増大手術への恐怖から、中々その一歩を踏み出せない方が多いでしょう。 では、手術を受けずしてペニスを大きくする方法はあるのでしょうか?

【結論】手術以外で大きくすることは不可能

結論から言うと、増大手術以外の方法でペニスを大きくすることはできません。 なぜなら、増大手術のような確実性の高い方法は他に存在しないためです。 ただ、手術を受けずして、ペニスの増大に繋がりやすい効果を与えることは可能です。 具体的にどんな方法があるのか見てみましょう。

ペニスに良い効果を与える方法①~水をたくさん飲む~

水をたくさん飲むことで、新陳代謝が活性化され、血液の流れが良くなります。 また、血流が良くなれば、必然的にペニスにも多くの血が流れてくるため、増大に繋がりやすくなります。 具体的には、1日1~2リットルほどの水を飲むように心がけてください。

ペニスに良い効果を与える方法②~自慰行為の回数を減らす~

自慰行為の回数を減らすことで、男性ホルモンの一種である“テストステロン”が増加し、ペニスの増大に繋がりやすくなると言われています。 また、他にも性生活の改善や感度向上など、さまざまな効果が期待できます。 ただ、あまりに自慰行為を長期間行わないと、運動しない“死滅精子”の数が増え、新しい精子を傷つけてしまうおそれがあるため、我慢のしすぎは良くありません。

ペニスに良い効果を与える方法③~半身浴をする~

半身浴は、ペニスの血行を良くする効果があるため、定期的に行うことで増大に繋がりやすくなります。 具体的には、37~38度くらいのお湯に、20分ほどかけてゆっくり浸かるようにしましょう。 また、定期的な半身浴には精力増強の効果もあるため、「最近性欲が衰えてきたな…」と感じている方にもおすすめです。

ペニスに良い効果を与える方法④~トレーニングをする~

ペニスの増大に繋がるトレーニングは、とても有名です。 こちらは主に浴室で行われ、亀頭の部分を3本の指でつまみ、その状態を5分間維持するというものです。 ただ、有名なトレーニングとして紹介されることは多いものの、ペニスに強い負荷をかけたり、刺激を与えすぎたりすることに関しては、あまりおすすめできません。

やはり増大手術を受けるのが一番!

ペニスに良い成分(シトルリンなど)をたくさん摂取したり、アルコールを控えたりと、ペニスの増大に繋がりやすい行動は他にもたくさんあります。 ただ、冒頭でも触れたように、確実性という観点から見た場合、やはり増大手術に勝る方法はありません。 前述の方法は、あくまでペニスが小さくならないようにするための応急処置でしかないのです。

当院本田ヒルズタワークリニックの増大手術は安全です!

当院本田ヒルズタワーの増大手術は、怖いものでも痛いものでもありません。 具体的には、コラーゲンを主に冠状溝の中心部分に注入し、亀頭を大きくするという手術です。 これにより、亀頭は大きくなります。 また、他には亀頭に流れる動脈血の量を増加させ、冠状溝の成長を促す治療法もあり、これも決して危険なものではありません。 違うアプローチの手術を受けたい方は、“切らない長茎手術”によって、体内に埋もれているペニスを引き出すこともできます。

まとめ

今回は、増大手術以外でペニスを大きくする方法について解説しました。 増大に繋がりやすい行動が存在することは事実ですが、ペニスを大きくしたいのであれば、やはり確実性と即効性を兼ね備えた手術を受けるべきです。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧