【本田ヒルズコラム】仮性包茎のままで生活することにメリットはある?

2020年1月31日

仮性包茎の男性の中には「このまま手術せずに生活してもいいか…」と考えている方も結構いるでしょう。 なぜなら、そのまま生活することのデメリットについて、あまり把握していない方が多いからです。 では反対に、仮性包茎のままで生活することに何かメリットはあるのでしょうか? 詳しく解説しましょう。

仮性包茎のまま生活することにメリットはある?

結論から言うと、仮性包茎のまま生活することで得られるメリットは、少なからず存在します。 つまり、亀頭が露出している方には得られないメリットが、仮性包茎の方にはあるということですね。 順を追ってご説明していきましょう。

仮性包茎のまま生活することのメリット①~感度が良い~

仮性包茎の方には、感度が良いという特徴があります。 なぜなら、普段亀頭が包皮に覆われており、刺激に弱い状態になっているためです。 つまり、パートナーとの性行為において快感を覚えやすいのは、仮性包茎の方だということですね。

仮性包茎のまま生活することのメリット②~勃起しやすい~

仮性包茎の男性は、感度が良いという話をしました。 感度が良いということは、それだけ亀頭が露出している男性よりも勃起しやすいということになります。 勃起しやすいと、性行為の際に、パートナーの女性をガッカリさせる心配が少なくなりますし、何より男性としての自信が付きやすくなります。

仮性包茎のまま生活することのメリット③~仮性包茎好きの女性に好かれる~

仮性包茎には、一般的に“女性に嫌がられている”というイメージがありますよね。 ただ、すべての女性が仮性包茎を嫌がっているのかというと、決してそんなことはありません。 中には、仮性包茎好きの女性も少なからず存在します。 また、女性の中には、亀頭が露出した方と性行為をすると痛みがある方もいるため、そのような方とは、仮性包茎の男性の方が相性は良いでしょう。

仮性包茎のまま生活することのメリット④~費用がかからない~

当然のことではありますが、仮性包茎のまま生活するということは、手術を受けないということになりますよね。 したがって、手術にかかる費用は節約できますし、その分は趣味などまた別のことに費やせます。

それでも仮性包茎のまま生活してはいけない理由って?

このように、仮性包茎の男性には、亀頭が露出した方にはないメリットがいくつかあります。 とはいえ、仮性包茎のまま生活してはいけない理由は、それをも凌駕するさまざまなデメリットがあるためです。 仮性包茎のデメリットは、主に以下の通りです。 ①ニオイを発しやすくなる ②炎症を起こしやすくなる ③早漏に繋がる可能性がある ④コンドームが装着しにくい ⑤不妊の原因になる可能性がある ⑥陰茎ガンのリスクが高くなる パッと思いつくだけでも、仮性包茎にはこれだけのデメリットがあります。 これらのデメリットを無視して、仮性包茎のまま生活するというのは、やはり間違った選択だと言えるでしょう。

仮性包茎の方はぜひ本田ヒルズタワークリニックへ!

仮性包茎のまま生活しようと考えている方は、1度考えを改め、当院本田ヒルズタワークリニックにご来院ください。 当院の仮性包茎手術は、非常に高い技術で行われるものであり、“切らない長茎手術”を率先して行っているため、痛みを感じることもほとんどありません。 手術跡も目立ちませんし、手術後の日常生活における支障も少ないです。

まとめ

ここまで、仮性包茎のまま生活することのメリットについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか? お気付きの方もいるかもしれませんが、今回解説した仮性包茎のまま生活することのメリットは、“しいて言えば”というようなものばかりです。 一方で、デメリットやリスクは数えきれないほどあるため、やはり早めに包茎手術をして、悩みを抱えることなく生活していくことをおすすめします。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。  

※その他、仮性包茎に関する記事はこちら…

カテゴリ一覧