【早漏】簡単にできる早漏改善方法

2020年5月23日

早漏には、精神的な原因によって起こる“心因性早漏”、包茎の方に起こりやすい“過敏性早漏”などさまざまな種類があります。 ただ、どの早漏も“早く射精してしまう”という症状に変わりはありません。 今回は、さまざまなタイプの早漏に悩む男性に向けて、簡単に実践できる改善方法について解説したいと思います。

①別のことを考える

早漏に悩む方の中には、極端に人より性的興奮を覚えやすいという方もいます。 そのような方は、性交時などに射精しそうになったとき、1度別のことを考えるようにしましょう。 例えば、最近痛みを感じたことや、あまり自身にとって思い出したくないことなどを想像すれば、性的興奮をある程度抑えられるでしょう。 もちろん、効果は絶大とは言えませんが、とにかく性的なことから思考を切り離すことで、多少は射精までの時間が長くなると予想されます。

②パートナーにカミングアウトする

心因性早漏の男性は、初めての性行為がうまくいかなったことなどがトラウマとなっている場合があります。 そして、その失敗は性行為のたびにフラッシュバックし、余計に早漏の症状を悪化させてしまいます。 また、心因性早漏に悩む男性の中には、なかなかパートナーにカミングアウトできず、常にプレッシャーがかかった状態になっている方もいるでしょう。 そんなときは、勇気を出してパートナーにカミングアウトすることをおすすめします。 もちろん、パートナーがどのような反応をするかはわかりませんが、実際カミングアウトしたことをきっかけに、心因性早漏の症状が改善されたというケースは多いです。

③リドスプレーを使用する

リドスプレーとは、ペニスに直接塗布する早漏改善グッズのことをいい、性行為の前に使用することで、射精に至るまでの時間を長くできるという代物です。 他の薬と比べて、塗布してから効果が表れるまでの時間が短く、飲み薬ではないため、肝臓や腎臓等に持病を抱えている方でも、安心して使用することが可能です。 もちろん、効果には個人差がありますが、少しでも早漏を改善したいという方は、使ってみる価値はあるでしょう。 ただ、ネット通販などではたくさんの似たような早漏防止スプレーが出回っているため、レビューなどをしっかりチェックした上で購入するべきです。

④お酒を飲む

性行為の際、リラックスしていないことが原因で、すぐに射精してしまうという方も少なくありません。 したがって、もし飲めるのであれば、少量のお酒を飲んでアルコールを摂取し、心身をリラックスさせてみましょう。 ただ、過剰にアルコールを摂取すると、今度は逆にまったく勃起しなくなってしまう可能性もあります。 また、飲酒によって勃起しない状態が続くと、最悪の場合ED(勃起不全)という別の症状を引き起こしてしまうため、注意が必要です。

根本的な早漏治療をするなら男性クリニックへ!

簡単に早漏を改善させる方法はたくさんありますが、何をやってもうまくいかないという方は、やはり根本的な早漏治療が必要でしょう。 例えば、過敏性包茎に悩んでいる方であれば、亀頭における皮膚の厚さを増やし、刺激に強くする治療を受けることで、根本的に早漏の症状が改善されます。 また、精神的な問題が起因する早漏に関しても、男性クリニックに相談することで、大幅な改善が見込めるでしょう。

まとめ

早漏は包茎などとは違い、放置することで身体的な弊害が出てくるようなものではありません。 ただ、早漏が原因で精神が崩壊したり、大事なパートナーを失ってしまったりすることは、往々にしてあります。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧