【美容整形】海外の美容整形事情について

2020年7月19日

日本は世界的に見ても、比較的美容整形が活発に行われている国です。 また、お隣の韓国も“美容整形大国”として有名であり、日本から渡航して施術を受ける方も少なくありません。 では、その他の国の美容整形事情はどうなのでしょうか? いくつかの国に絞って解説したいと思います。

①アメリカ

アメリカは、世界一美容整形の施術数が多いと言われています。 つまり、実は世界一の美容整形大国だということですね。 特に、胸の施術件数が非常に多いことで有名です。 また、日本人の方は、顔の美容整形を受ける際、「低い鼻を高くする」「丸い鼻をスマートにする」といった目的で行うことが多いですが、アメリカの方は「高すぎる鼻を低くする」「顔の面積に比例させる」というような目的で美容整形を受けます。 施術を受ける箇所は同じでも、内容は大きく異なるということですね。 ちなみに、日本では受けるのに二の足を踏む方も多いプチ整形ですが、アメリカではショッピングの合間などにサクッと済ませてしまう方もいるほど、気軽なものという認識が強いようです。

②ブラジル

南米大陸最大の面積、人口を誇るブラジルも、アメリカと並ぶほどの美容整形大国に位置付けられています。 トータルの美容整形施術数は、世界第2位と言われていて、豊胸や脂肪吸引、鼻の整形などが人気の施術となっています。 また、ブラジルの方は、美容整形に対するイメージが非常にオープンです。 日本とは違い、整形したことを隠すという方はまずいません。 むしろ、“美容整形ができる=お金持ち”ということで、自慢をする方も多いです。 また、日本の美容整形手術の約6割はまぶたに関するものと言われていますが、ブラジルは顔よりも身体の施術の方が人気は高くなっています。

③イタリア

イタリアは、決して大きな国ではないにも関わらず、ヨーロッパの中ではもっとも美容整形が盛んな国だと言われていて、その施術数は日本と同じくらいです。 特に、イタリアでは唇にシリコンを注入してボリュームを出す施術や、大きい鼻・高い鷲鼻を削って小鼻にする施術などがよく行われています。 どちらも、日本ではあまり行われないものですね。 また、女性よりも男性の美容整形が多いというのも、イタリアの大きな特徴です。 イタリアには、薄毛や抜け毛に悩み、植毛手術などを受ける男性も多く、これも美容整形件数に含まれています。

その他の国について

上記以外で、美容整形が活発に行われている国は以下の通りです。 ・中国 中国は、韓国、日本と並ぶ、アジアの美容整形大国の1つです。 人口が非常に多いため、必然的に施術数は多くなります。 ・メキシコ メキシコは、自身の容姿にコンプレックスを抱く方、肥満の方が多い国であるため、脂肪吸引などの体系に関する美容整形が活発に行われています。 ・ドイツ ドイツは、ヨーロッパの中では美容整形が活発な国です。 ただ、政府が青少年保護の観点から、18歳未満の未成年者に対し、治療目的以外での美容整形を禁じる法律を制定して以来、市場規模は縮小傾向にあります。 ・フランス フランスは、人にどう見られるかを気にする国民性が強い国であり、自身のコンプレックスを美容整形で解決する方も多いです。 これには、かつてさまざまな人種に対して、差別意識が根深かったことが関係していると言われています。 ・コロンビア コロンビアは、独身女性の美を競う“ミスコン”の強豪国であり、ミスコンに出場するため、美容整形で自分磨きをするという方が多いです。

まとめ

ここまで、海外諸国の美容整形事情を見てきましたが、いかがでしたか? やはり国が違えば、人気の施術内容も異なりますし、美容整形に対するイメージや考え方も違ってきます。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧