女性の“不感症”について

2020年7月20日

男性だけでなく、もちろん女性もさまざまな性の悩みを抱えています。 また、多くの女性を悩ませる病気の1つに、“不感症”が挙げられます。 ここからは、不感症の症状や、発症してしまう原因などを中心に解説したいと思います。 興味があるという方は、ぜひ最後まで目を通してみてください。

不感症ってどんな病気?

性行為を行ったときに、まったく性的な快感・興奮を覚えることができない症状を不感症といいます。 具体的には、男性に性器を挿入されても、ほとんど反応することができないような状態ですね。 これは、男性よりも女性に見られるケースが圧倒的に多く、大きな精神的苦痛を伴うものです。 また、不感症になってしまった女性は、次第に性行為を避けるようになり、これが男女の関係悪化に繋がることも珍しくありません。 もちろん、女性に快感を覚えてもらえない男性も、パートナーの不感症によって深い心の傷を負うことになります。

不感症の原因は?

不感症は女性に多い症状だと言いましたが、発症した女性の身体に先天的な原因があるわけではありません。 そのほとんどは、何らかの精神的な影響により、性的な感情が抑制されることで起こります。 例えば、「性行為が恥ずかしい」と感じることや、性行為に対する不安・緊張などですね。 また、生理不順やストレス、出産後の体質変化など、後天的な身体の変化により、不感症になってしまうことも考えられます。 いずれにせよ、不感症の原因は非常に複合的であると言えるでしょう。

不感症は自力で治せる?

不感症の女性は、性に関する感情が著しく弱くなっています。 したがって、その感情を高ぶらせるための行動をすれば、ある程度症状が改善される可能性もあります。 例えば、パートナーの男性に対する愛情を高めたり、性行為に対する不安や緊張を拭うトレーニングをしたりといった方法ですね。 また、パートナーの男性が工夫することでも、女性はある程度性的快感を覚えやすくなります。 ただ、中には極度の不感症に陥り、どれだけ改善しようとしても、一向に以前のような正常な性行為ができないという方もいます。 以下に該当する女性は、極度の不感症だと言えますね。 ・性器に触れられても、くすぐったいだけで何も感じない ・性行為に興味がない ・性行為をするのが憂鬱・億劫で仕方がない ・性行為を苦痛に感じる 等

不感症の治療は専門クリニックへ

不感症は、形成外科や美容外科等の専門クリニックに来院し、治療を受けることで改善される可能性があります。 もちろん、精神的な原因のみで不感症になっているのであれば、医師とのカウンセリングだけで良くなることも考えられます。 ただ、身体的な問題がある場合は、女性器に直接治療を施すこともあります。 当院本田ヒルズタワークリニックでは、女性向けの不感症治療として、“G-Shot”というメニューを提供しています。 これは、恥骨の下にある膣壁前方上部の小さな領域“Gスポット”に、ヒアルロン酸を注入し、隆起させるという治療です。 具体的には、Gスポットの位置を探し出し、局所麻酔をした後、ヒアルロン酸を注入します。 施術はわずか5分程度で終了し、クリニックの滞在時間も30分前後しかかかりません。 ちなみに、当治療のダウンタイムは1~6時間程度のため、1度治療を受ければ、その日のうちに正常な性生活に戻れる可能性も十分にあります。

まとめ

ここまで、多くの女性を悩ませている“不感症”について解説してきましたが、いかがでしたか? 精神的、身体的な原因がこじれていくと、不感症はなかなか改善できない重い病気となってしまいます。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧