【女性器整形】女性器整形を受けるメリット

2020年8月7日

女性が受けられる美容整形といえば、目や鼻、フェイスラインといった顔の整形をイメージされる方が多いでしょう。 ただ、近年は“女性器整形”を受ける方も少しずつ増加しています。 今回は、少し興味があるという女性に向けて、女性器整形を受けることのメリットについて解説したいと思います。

①女性器の臭いを改善できる

包茎の男性が、パートナーにとって嫌な臭いを発するのと同じで、女性も女性器から不快な臭いを発することがあります。 これは、小陰唇におけるヒダの隙間に垢、雑菌等が溜まり、下着で密閉されることが主な原因です。 原因自体も、包茎の男性とほとんど変わりませんね。 また、このような女性器の臭いは、小陰唇の余分な部分をカットする“小陰唇縮小術”等の女性器整形を受けることで、かなり改善されます。 もちろん、この整形手術を受ければ、臭いだけでなくかゆみ・雑菌による炎症も防止できます。

②不感症を改善できる

まったくと言って良いほど性的な快感が得られない症状を“不感症”といい、これは主に女性に多く見られます。 ただ、“陰核整形”等の女性器整形を受ければ、その不感症は改善できる可能性があります。 陰核の周りの皮が全体に覆いかぶさり、先端が露出していない状態を“陰核包茎”と言いますが、これでは女性はなかなか性的快感を得られません。 整形手術を受けることで、陰核が露出するようになるため、これは女性の性行為においてかなりのプラスになります。

③水着を着るのが恥ずかしくなくなる

女性器には“大陰唇”という部分があり、これは太ももの付け根、小陰唇の間にあるふっくらと盛り上がったところを指します。 また、この部分が比較的大きい女性は、水着を着た際にラインが出てしまい、少し恥ずかしい思いをする可能性があります。 ただ、“大陰唇の縮小手術”を受ければ、このような悩みは解決できます。 これは、大陰唇の盛り上がりを小さくし、衣服の外側から見たときに目立たなくする整形手術で、内部の脂肪を取り除き、形を整えて縫合するというものです。 もちろん、施術前に麻酔は施されるため、強い痛みがあるわけではありません。

④パートナーの男性を満足させられる

女性の中には、出産等で膣が緩んでしまっている方もいます。 この場合、性行為の際にパートナーの男性を満足させられない可能性がありますが、これも女性器整形を受けることで改善可能です。 具体的には、“膣縮小術”ですね。 これは、緩んだ膣の粘膜の部分だけを切り取り、縫い合わせるという手術です。 パートナーの男性が性行為で射精できない場合、女性の膣の緩みが原因になっていることも考えられるため、思い当たる節がある方は、1度美容整形クリニックに訪れましょう。

⑤形を整えられる

女性器の形が気になるという方も、ぜひ女性器整形を受けるべきです。 例えば、“副皮縮小術”等は、形が気になる方に最適な手術ですね。 小陰唇の横にある余分なヒダを“副皮”といいますが、ここに不要な部分が多いと、決して綺麗とは言えない見た目になってしまいます。 ただ、副皮縮小術を受ければ、不要な部分は取り除かれるため、バランスの良い女性器になります。 また、副皮は小陰唇と同じく、ヒダの隙間に垢や雑菌が溜まりやすいため、この施術を受けることで、臭いや炎症を防ぐこともできます。

まとめ

ここまで、女性器整形を受けることのメリットを一挙に解説してきましたが、いかがでしたか? 女性器の悩みは非常にデリケートですが、何か改善させたいところがある方は、1度美容整形クリニックに相談してみましょう。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧