【美容整形】一重まぶたと二重まぶた、それぞれのメリット・デメリット

2020年8月20日

一目まぶたから二重まぶたに変えるための施術は、代表的な美容整形の1つです。 また、一般的には「一重より二重の方が良い」というイメージが強いですが、実際はどうなのでしょうか? ここからは、一重まぶたと二重まぶた、それぞれのメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

一重まぶたのメリット

あまり知られていませんが、一重まぶたには以下のようなメリットがあります。 ・目の保湿効果が高い 一重まぶたの方は、まぶたの皮膚が比較的厚めになっています。 そのため、目の外気に触れる面積が狭く、乾燥しにくいというメリットがあります。 ・シワができにくい その構造上、二重まぶたより一重まぶたの方が、瞬きの際にかかる摩擦が少なくなります。 また、それによってシワができにくくなります。

一重まぶたのデメリット

上記のように、いくつかのメリットがある一重まぶたですが、やはり全体的にはデメリットの方が多いです。 詳しく見ていきましょう。 ・大きな目に見えにくい 一重まぶたの場合、まぶたが目の上に重くかぶさっているため、視界が狭まり、二重と比べてパッチリ大きな目に見えにくいというデメリットがあります。 ・汗が直接目に入る 二重まぶたの場合、汗をかいてもまぶたがストッパーになってくれる可能性が高いですが、一重の場合は表面がツルンとしているため、直接汗が目に入りやすいです。 ・睨んでいるように思われがち 一重まぶたの場合、どうしても睨んでいるように見られたり、怒っているように思われたりすることが多くなります。

二重まぶたのメリット

続いては、なりたがる方も多い二重まぶたのメリットを見ていきましょう。 ・目が大きく見える これは言わずもがなのメリットですね。 二重まぶたは、パッチリお目目の代名詞とも言える特徴で、一重の方の多くはこれに憧れを抱いています。 ・表情が豊かになる 二重まぶたの場合、目と眉毛による感情の表出を強調できます。 これにより、相手に感情を正確に伝えられるため、コミュニケーションを取る場においては有利だと言えます。 ・メイクの手間が少なくなる 一重の女性の中には、パッチリした目をつくろうと、日々メイクの研究に励んでいる方もいるでしょう。 一方、二重の場合、メイクをガッツリしなくても、ある程度目元を強調させることができるため、そのような手間は省けます。

二重まぶたのデメリット

最後に、一般的に良いとされる二重まぶたのデメリットを紹介します。 ・冬場は寒い&目が乾く 二重まぶたの場合、目の上に最低でも1つのシワができることになります。 そのため、まぶたを厚くすることができず、一重の方よりも冬の寒さ・乾燥から目を守れないというデメリットがあります。 ・幅が広すぎると眠そうな見た目になる 二重まぶたは目をくっきりと強調してくれますが、シワの幅が大きすぎると、まぶたが瞳の部分を隠してしまい、眠そうな見た目になってしまいます。

実際良いのは一重?二重?

一重まぶたと二重まぶたには、どちらにも複数のメリット・デメリットがありますが、内容から考えると、やはりおすすめなのは二重です。 ただ、これは「一重より二重の方が良い」というわけではありません。 普段から目が乾燥しがちな一重の方は、二重にすることでより乾燥しやすくなりますし、それが生活や仕事に大きな支障をきたす可能性もあります。

まとめ

一重まぶたから二重まぶたへの美容整形手術に関しては、今まさに受けることを検討しているという方も多いでしょう。 ただ、実際受ける前には、一重のまま生活することのメリットもきちんと把握しておいてください。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧