【美容】アンチエイジングに効果のある食材にはどんなものがある?

2020年8月29日

“抗老化”を意味するアンチエイジングは、いつまでも若々しくいたい方にとっての永遠のテーマです。 また、世の中にはアンチエイジングに効果のある食材が存在し、積極的に摂取することで、年齢を感じさせないための工夫ができます。 ここからは、さまざまなジャンルから、アンチエイジングに効果的な食材を紹介しましょう。

アンチエイジングに効果のあるフルーツ

まずは、アンチエイジングに効果のある代表的なフルーツから見ていきましょう。 ・パイナップル パイナップルに含まれるマンガンは、肌がコラーゲンを作るのに必要なアミノ酸を作る“プロリダーゼ”の働きを活性化させます。 また、プロリダーゼには、肌にハリをもたらす効果もあり、まさに若々しい肌をキープしたい方にはおすすめです。 ・ブルーベリー 目に良いことで有名なブルーベリーですが、実はアンチエイジングや美肌にも効果があります。 ブルーベリーに含まれるポリフェノールの一種である“アントシアニン色素”は、高い抗酸化力で老化の原因となる“活性酸素”を除去してくれます。 ・スイカ スイカには、美容成分のリコピンがトマトの4倍含まれていて、なおかつβカロテンやカリウム、シトルリンなど、老化に効果的な成分が豊富に含まれています。 まさに今の時期に食べておきたいですね。

アンチエイジングに効果のある野菜

続いては、アンチエイジング効果が期待できる野菜をいくつか紹介しましょう。 ・にんじん にんじんに多く含まれるβカロテンは、体内でビタミンAに変換する成分で、強い抗酸化作用を持っています。 また、ビタミンAは“レチノール”という成分でもあり、肌や皮膚、粘膜に直接潤いを与えてくれます。 ・ブロッコリー ブロッコリーに多く含まれる“スルフォラファン”には抗酸化作用と解毒作用があります。 また、ビタミンCとビタミンEにも同様の働きがあり、老化を防いでくれます。 ・ホウレンソウ ビタミンが豊富なホウレンソウは、美肌効果が抜群です。 特に、抗酸化作用を持ち、同時に摂取することで相乗効果があるビタミンA、C、Eは、100gで1食分の目安量をほぼカバーできるほど豊富です。

アンチエイジングに効果のあるその他の食材

・キノコ類 キノコ類は、多くの方が不足しがちな栄養素である“ビタミンD”を自然に含んでいます。 これを摂取することで、骨粗しょう症や骨折のリスクが抑えられ、同時に老けて見える背骨の湾曲なども防止できます。 ・ヨーグルト 栄養が豊富な食材として有名なヨーグルトですが、実はアンチエイジングに効果的な成分も多く含んでいます。 例えば、ビタミンB2には肌荒れや髪のパサつきを抑える働きがあり、ビタミンAやEには老化を引き起こす活性酸素を抑える効果があります。 また、ヨーグルトの上澄み部分である“ホエー(乳清)”にも、ミネラルなどの栄養素が多く含まれています。 ・ゴマ ゴマに含まれるビタミンEは、シミが肌に残ることを防いだり、肌のハリに元になるコラーゲンの生成を助けてくれたりする成分です。 また、ゴマの代表的な成分と言えば“セサミン”などのポリフェノールが挙げられますが、これには肌を若々しく保つ効果があります。 ちなみに、ゴマにはセサミンの他にもポリフェノールが含まれていて、これらにはビタミンEを身体の中にとどまりやすくし、細胞を老化から守る抗酸化作用があります。

まとめ

ここまで、アンチエイジングを意識する方が積極的に摂取したい食材をいくつか紹介してきました。 今回は、いつでも摂取しやすいものを中心に紹介していますので、機会があればぜひ試してみてください。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧