【美容整形】“団子鼻”になってしまう原因や治療法について知っておこう

2020年10月20日

皆さんは、“団子鼻”というものをご存知でしょうか? ほとんどの方は聞いたことがあるかと思いますが、具体的にどんな鼻を指すのかについて、詳しく説明できる方は決して多くないと思います。 ここからは、そんな団子鼻の概要について、団子鼻になってしまう原因と治療法について解説します。

団子鼻の概要

団子鼻について、なんとなく“大きい鼻”というイメージを持っている方は多いでしょう。 ただ、実際は大きいだけが特徴ではありません。 鼻先が丸くなっていて、なおかつ横に広がっている鼻を団子鼻といいます。 医学的にいうと、鼻の内部にある“大鼻翼軟骨”が中央で離れ、左右に広がっていて、なおかつその上の脂肪、皮膚が厚い状態を指しています。

団子鼻になってしまう原因について

“団子鼻になってしまう原因”という言葉を聞いて、少し違和感を覚えた方もいるでしょう。 なぜなら、“団子鼻の原因は遺伝”というイメージが強いからです。 もちろん、それも間違いではないのですが、元々はそうでもなかったにもかかわらず、特定の行動をよく取ることが原因で、団子鼻になってしまうということもあります。 具体的には、以下のような行動です。 ・鼻を擦る ・強く鼻をかむ ・鼻にものを詰める ・口呼吸を多くする

鼻を擦る

頻繁に鼻を擦ったり、掻いたりすることで、鼻の毛穴に余分な老廃物が溜まってしまいます。 この老廃物が原因で毛穴が膨張し、鼻先が丸くなってしまうことがあります。

強く鼻をかむ

鼻を強くかむ場合、鼻を上から押すような形になるため、全体に大きな負担がかかります。 これにより、鼻がむくんでしまったり、左右に広がってしまったりするおそれがあります。

鼻にものを詰める

ティッシュなどをよく鼻に詰めるという方も、鼻が左右に広がりやすくなります。 よって、鼻水がひどい場合や、鼻血が出てしまった場合でも、なるべくティッシュを詰めず、鼻の穴に押し当てるようにしましょう。

口呼吸を多くする

普段口呼吸をするクセがある方は、口や鼻周辺の筋肉が衰え、鼻を含めた顔全体が垂れ下がってしまうことがあります。 また、これにより、小鼻が横に広がることも考えられます。

団子鼻の治療法について

団子鼻は、美容整形手術で改善させることができます。 具体的には、鼻先の高さを上げる手術や、角度を整える手術です。 また、これらの手術を1つにしたものが、“鼻中隔延長”というものです。 鼻を形成するもっとも重要な部分である鼻中隔の調整によって、鼻の形を自在に変えることができます。 手術後は、状態に応じて3~7日感程度、ギプスやテーピング固定をしますが、鼻先の皮膚は固く厚いため、腫れやむくみはほとんどありません。

団子鼻は自分でもある程度は改善できる

鼻を定期的にマッサージすれば、自分自身でもある程度団子鼻を改善することができます。 具体的には、左右の人差し指で、鼻の付け根から小鼻にかけて押すというマッサージです。 1日5分程度時間があればできるため、団子鼻が気になる方は、就寝前などに実践してみましょう。 しかし、先ほど解説したような、鼻に負担がかかる行動を取ると、マッサージの効果はほとんどなくなってしまうため、注意が必要です。 また、この方法で、目に見えてわかるほど団子鼻を改善するには、数ヶ月もしくは数年程度かかることもあります。 よって、なるべくすぐ治したいという方は、やはり美容整形手術を受けるべきです。

まとめ

ここまで、団子鼻の概要や原因、治療法について解説してきました。 団子鼻の程度は人によって大きく差があるため、気になる方はまず美容クリニックに相談しましょう。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧