“冷え性”がもたらす身体への影響と治療方法について

2020年11月10日

全国的に寒い日が多くなってきましたが、これくらいの季節になると、“冷え性”の症状がひどくなるという方も多いでしょう。 また、冷え性をそれほど大きな症状だと捉えていない方も多いですが、放っておくことはおすすめできません。 今回は、冷え性がもたらす身体への影響、治療方法について解説します。

冷え性の概要

手や足、腹部など、身体のいずれかに冷えを感じ、不快や苦痛に思っている状態を“冷え性”といいます。 冷え性の方は、たとえ温かい部屋にいても身体の部位に冷えを感じたり、寒い気候や環境において、他の人よりも強く冷えを自覚したりします。 また、冷え性になってしまう原因としては、主に睡眠や食生活、生活習慣の乱れによる血行不良が挙げられます。 血行不良になると、体内の血流が悪化し、特に手足の毛細血管にまで新鮮な血液が運ばれにくくなります。 ちなみに、冷え性を発症するその他の原因には、主に以下のことが挙げられます。 ・運動不足による筋肉の衰え ・ストレス過多 ・睡眠不足 ・冷たい食べ物、飲み物の摂りすぎ

冷え性がもたらす身体への影響

では、冷え性の状態を放置しておくと、身体にはどのような影響が及ぶのでしょうか? 肉対面、精神面に与える影響をそれぞれ見ていきましょう。

肉対面への影響

冷え性からくる肉対面への影響は非常に多いです。 具体的には以下の通りです。 ・だるさ、疲労感 ・頭痛 ・関節痛 ・不眠 ・便秘、下痢 ・頻尿 ・食欲低下 ・肩こり ・腰痛 ・手足のむくみ など また、女性の場合は上記に加え、月経不順やバストの縮小、不妊など、今後の人生に大きな影響を与える症状が出る場合もあります。

精神面への影響

一方、精神面への影響には、主にストレスを感じやすくなってしまうことが挙げられます。 また、ストレスが溜まっている状態や、前述のだるさや頭痛、腹痛といった身体の不調が慢性化すると、うつ病を発症してしまう可能性もあります。

冷え性の治療方法について

原因にもよりますが、冷え性は主に以下の治療方法によって改善されます。 ・腸内環境治療 ・脊椎調整治療 ・心理療法 ・運動療法

腸内環境治療

腸内環境が悪化すると、胃腸症状や精神症状、自律神経症状など、あらゆる症状や病気の原因となります。 また、冷え性や慢性疲労などの症状も、腸内環境の悪化が原因となる可能性があり、治療が必要と判断される方は、主に以下の方法で腸内環境を整えます。 ・食事療法 ・栄養素サプリメント治療 ・ストレスケア など

脊椎調整治療

背骨と骨盤のゆがみを治し、冷え性だけでなく首や肩の痛み、しびれ、腰痛などを改善する治療です。 また、神経圧迫を解除する治療により、多くの自律神経症状も改善される可能性があります。 長期的に通院する必要はなく、最終的には自身で身体を管理し、ケアできるようになることを目的としています。

心理療法

“心身解放療法”とも呼ばれるもので、精神的な悩み、身体の痛み・不調などの症状を解決する治療法です。 有効率が非常に高く、一度解決した問題に関しては、半永久的に効果が持続すると言われています。 また、薬物療法などとは違い、副作用の心配もまったくありません。

運動療法

運動不足が冷え性の主な原因となっている場合、運動を採り入れることで、症状が改善されるケースがあります。 具体的には、血流・代謝をアップする効果や、自律神経を調整する効果、ストレス軽減効果などが期待できます。

まとめ

ここまで、冷え性が身体に与える影響や、主な治療方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか? 何年も身体の冷えに悩まされているという方は、別の症状が出る前にクリニックに相談しましょう。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧