小顔になりたい方へ!顔のタイプ別に向いている施術を解説

2020年11月22日

女性男性問わず、“小顔”に憧れを持つ方は多いと思います。 顔が小さければ、たとえ身長が低くてもスタイルが良く見えますし、目や鼻などのパーツがハッキリと目立ちやすくなります。 今回は、小顔になりたい方に向けて、顔のタイプ別に向いている施術を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

タイプ1:角張っている顔の場合

まずは、エラが張っている顔、いわゆる“ホームベース顔”と呼ばれる方が、小顔になるための施術について紹介します。 このタイプに向いているのは、なんといっても“ボトックス注射”です。 これは、ボツリヌス毒素から抽出した成分であるボトックスを注射する施術で、エラの部分に注射し、咬筋(こうきん)の動きを弱くすることで、小顔効果が期待できます。 ちなみに、咬筋とは、下顎を引き上げて歯を噛み合わせる働きをする筋肉をいいます。

タイプ2:たるみが目立つ顔の場合

加齢により、頬や顎のたるみが目立つようになったり、輪郭がぼやけてきたりしている方には、主に以下の施術をおすすめします。 ・ウルセラシステム 皮膚の下にある“SMAS筋膜”という筋膜を引き締め、リフトアップをしてたるみを改善させる医療機器治療です。 従来は手術でしか改善できなかった深さのSMAS筋膜にハイパワーの超音波を当て、強力に引き締めます。 ・ディメンショナルリフト 強度の高い糸を使用し、皮膚のたるみやシワを改善できるフェイスリフトです。 適用部位は顔全体、首のたるみ治療と、リフトアップ可能な部位が広いのが特長です。

タイプ3:二重アゴの場合

二重アゴであったり、顎や頬をつまんだとき、1cm以上脂肪があったりする方が小顔になるには、以下の施術を受けるべきです。 ・輪郭注射 顎下や頬などの脂肪の代謝、血液やリンパの循環を促進することで、フェイスラインをスッキリと整える小顔治療です。 メディカルハーブを主要成分としているため、従来の治療による痛みや腫れ、かゆみなどの副作用は一切ありません。 また、施術は10分程度の短時間で終了します。 ・脂肪吸引 頬や顎の脂肪は、通常のダイエットではなかなか落ちない部分です。 ただ、脂肪吸引をすれば、ダイエットでは難しかった顔の部分痩せができる上に、変化もわかりやすいです。 術後しばらくはカニューレを挿入した箇所に小さなキズが残りますが、耳の裏や顎下からの吸引を行うため、ほとんどキズは目立ちません。

タイプ4:顎が小さいまたは後退している場合

顎が小さかったり、奥に引っ込んだりしている方は、以下の施術を受けることで小顔効果が期待できます。 ・レディエッセ 歯や骨を形成する“カルシウムハイドロキシアパタイト”を主成分にした、最新の長期持続型皮膚注入剤です。 粒子がとても柔らかいため、皮膚によく馴染み、自然な仕上がりになります。 また、非毒性、非抗原性、非発癌性、非アレルギー性と安全面にも優れているのが特長です。 ・ヒアルロン酸注入 生体内に存在しているヒアルロン酸を注射し、シワの改善や輪郭形成などを行う施術です。 気になる部位にダイレクトに注入するため、即効性があり、注入後すぐに効果を実感できます。 ・プロテーゼ シリコンでできた医療用の人工軟骨を使用し、各パーツの形を整える治療です。 顎の形を整える場合は、口の中から三日月形のプロテーゼを挿入することで、横顔のEラインをくっきりさせたり、スッキリとしたシャープな輪郭にしたりすることができます。

まとめ

ここまで、小顔になるための主な施術を顔のタイプ別に解説してきましたが、いかがでしたでしょうか? 美容整形を受ければ、ある程度の顔の悩みは解決できるため、小顔に強い憧れを持つ方は、ぜひ美容クリニックを訪れてみましょう。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧