“敏感肌”とは?おすすめの美容整形手術も紹介します

2020年12月15日

肌の悩みは、年齢や性別に関係なく、誰もが抱えているものです。 また、多くの方が抱える肌の悩みの1つに、“敏感肌”が挙げられます。 では、敏感肌とは具体的に、どのような症状のことをいうのでしょうか? おすすめの美容整形手術と併せて解説しますので、気になる方はぜひご覧ください!

敏感肌の概要

少しの刺激に対し、ピリピリとした痛みやかゆみ、赤みなどを引き起こす皮膚の状態を“敏感肌”といいます。 正式な病名ではありませんが、悩んでいる方は数多く存在し、健康的な肌、病的な肌のちょうど間くらいのイメージです。 また、敏感肌と聞くと、顔周りの症状を想像しがちですが、実際は全身のいたるところで生じる可能性があります。

敏感肌の原因

敏感肌の原因として挙げられるのは、“角質層の構造の乱れ”です。 皮膚は表皮、真皮、皮下組織という3つの層で構成されていますが、表皮はさらに基底層、有棘層、顆粒層、角質層という4つの層に分かれます。 このうち、角質層は皮膚中の水分をキープする役割を担っていますが、これの構造が何らかの原因によって崩れると、刺激が真皮にまで伝わりやすくなり、少しの刺激で肌に痛み、赤みなどの異常が発生してしまいます。 また、角質層の構造が正常ではなくなる原因には、主に以下のようなことが挙げられます。
  • ターンオーバーの乱れ
  • 乾燥
  • 間違ったスキンケア

ターンオーバーの乱れ

皮下組織の一番上である表皮で起こる、細胞の生まれ変わりを“ターンオーバー”といいます。 具体的には、基底層で生まれた基底細胞が細胞分裂を起こして角質細胞になり、ある一定期間がすぎた後、自然に古い角質細胞となって剥がれ落ちる現象を指しています。 ただ、加齢やストレス、睡眠不足などによってターンオーバーが乱れると、角質層に古い細胞が居座り続け、次第に積み重なった細胞の構造は乱れていきます。

乾燥

先ほども触れたように、角質層には皮膚中の水分をキープする役割があります。 ただ、冬場などは肌が乾燥しやすく、それによって角質層自体の水分が減り、構造が乱れてしまうことがあります。

間違ったスキンケア

肌質に合っていない化粧品を使用するなど、間違ったスキンケアをしていると、角質層に与える負担が大きくなり、構造の乱れに繋がります。 また、化粧品だけでなく、シャンプーやトリートメント、洗顔料などが原因で、敏感肌を作り上げてしまうこともあります。

敏感肌の方におすすめの美容整形手術

敏感肌の方におすすめの美容整形手術は、主に以下の通りです。 ・高濃度ビタミンC点滴治療法 ・プラセンタ注射

高濃度ビタミンC点滴治療法

高濃度ビタミンC点滴治療法は、サプリメントや食品をはるかに超える高濃度のビタミンCを、点滴によって静注する最新の美容医療です。 敏感肌の改善だけでなく、疲労回復や美白効果、がん予防など、さまざまな効果を持っているのが特徴です。

プラセンタ注射

胎盤から抽出された有効成分を注射し、敏感肌の改善を始め、美肌や若返りなどのアンチエイジング、更年期、アトピー、花粉症の改善などに効果を発揮する美容整形治療です。 プラセンタは、古くはクレオパトラ、マリー・アントワネットも好んで飲用していたと言われています。 また、中国でも不老長寿の薬、滋養強壮薬として古くから珍重されていて、多数の漢方薬にプラセンタが配合されています。

まとめ

ここまで、敏感肌の概要や原因、おすすめの美容整形手術について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか? 加齢とともに肌の悩みが増えることを考えると、敏感肌は早めに改善しておいた方が良いでしょう。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧