頬のコケが目立ってしまう原因は?美容整形で改善できる?

2021年1月5日

特に体調には問題がないにも関わらず、「体調悪いの?」「疲れてない?」と心配されることに悩んでいる方は、決して少なくないでしょう。 また、このような悩みを抱える方は、頬の“コケ”が目立っている可能性があります。 ここからは、頬のコケが目立つ原因と、美容整形による改善方法について解説したいと思います。

頬のコケが目立つ原因

体型が普通であっても、顔だけ痩せて見えるという方は多いです。 また、それが健康的な痩せ方であればまだ良いのですが、頬がこけてゲッソリしているように見える場合は少し問題があります。 では、頬のコケが目立つ原因は一体何なのでしょうか? 具体的には、以下のようなことが考えられます。
  • 加齢
  • 過度なダイエット
  • アゴの変形
  • ストレス

加齢

加齢とともに、肌は少しずつハリや弾力を失っていきます。 また、それによって顔にたるみが生じ、肉が下がってしまうことにより、頬の上部がこけてしまうことがあります。

過度なダイエット

厳しい食事制限や、激しい運動などを繰り返す過度なダイエットを行い、短い期間で痩せようとすると、身体だけでなく顔の脂肪も減ってしまいます。 その結果、ゲッソリした頬になってしまうことがあります。

アゴの変形

日常の行動やクセにより、アゴが変形してしまい、どちらか片方の頬だけこけてしまうということがあります。 例えば、頬杖を頻繁についたり、片側の歯ばかりで咀嚼したりする方は、アゴが歪みやすくなると言われています。

ストレス

仕事などでストレスが溜まり、普段あまりしゃべらなくなったり、笑顔になる機会が減ったりすると、顔の表情筋はどんどん衰えていきます。 これにより、頬のコケが目立ってしまうという方も少なくありません。

美容整形による頬のコケの改善方法

目立ってしまった頬のコケは、美容整形である程度改善することが可能です。 具体的には、“ビーナスチーク”や“ディメンションチーク”といった、メスを使用しない美容整形ですね。 これは、目の下の頬部分である“ミッドフェイス”に極細の針をさし、ヒアルロン酸を皮膚の深層部、骨膜のすぐ上に数ヶ所に分けて注入するという美容整形です。 これにより、頬に高さが生まれ、光が頬の高い位置に集まるため、必然的にこけた顔が引き締まって見えるようになります。 ちなみに、注入直後はその箇所に赤み、腫れが見られることもありますが、時間とともにすぐ消失します。 また、術後も内出血や赤み、腫れなどが出ることはほとんどありませんが、場合によっては内出血が多めに出たり、2~3日赤みや腫れが続いたりすることも稀にあります。 ただ、これらはメイクやマスクなどでカバーできる範囲であるため、それほど気にする必要はありません。 もちろん、傷跡が残ることもないため、その点に関しては心配しないでください。

美容整形の効果について

ヒアルロン酸を注入し、頬のコケを改善する美容整形は、1回の治療でしっかりと効果を実感できます。 ただ、この美容整形の効果は、お世辞にも長続きするものとは言えません。 1回の施術で得られる効果の継続期間は3~6ヶ月程度であり、ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されていきます。 また、注入箇所に強い力が加わると、へこみや変形が起こり、効果が半減してしまう可能性もあります。 そのため、術後1ヶ月程度は、なるべく注入箇所に触れないようにしましょう。

まとめ

ここまで、頬のコケの原因や、それを改善するための美容整形手術について解説してきましたが、いかがでしたか? とにかくコケが気になって仕方がないという方は、一度クリニックに症状を見てもらいましょう。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧