ダイエットをしても顔の肉だけが落ちないのはなぜ?

2021年2月6日

ダイエットに励み、減量に成功したにもかかわらず、なぜか顔の肉だけが落ちないケースがあります。 また、顔の肉が落ちないと、“痩せた”ということが伝わりにくく、継続してダイエットをするモチベーションも下がってしまうでしょう。 では、なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

顔の肉だけが落ちない3つの原因

ダイエットをしても顔の肉だけが落ちないということが起こる原因は、主に以下の3つです。
  • そもそも顔は痩せづらい
  • 顔がむくんでいる
  • 表情筋が衰えている

そもそも顔は痩せづらい

そもそも、顔の肉は他の部位に比べて落としづらい傾向にあります。 これは、顔につく“皮下脂肪”に、内蔵脂肪よりもゆっくりと燃焼されていくという特徴があるからです。 もちろん、根気強くダイエットを継続させていけば、いずれは皮下脂肪も落ちていきますが、体重が減っても、すぐ顔の変化は表れないことが多いです。

顔がむくんでいる

顔の肉だけが落ちない原因としては、“顔がむくんでいる”ということも挙げられます。 つまり、顔の脂肪は落ちているにも関わらず、むくみによってそれが表に出にくくなっているということです。 例えば、血行が悪かったり、塩分、アルコールなどの摂取量が多かったりするとむくみが出やすくなるため、ダイエットをするなら、身体を動かすことだけでなく、食生活も見直さなければいけません。

表情筋が衰えている

顔の表情筋は、30代後半くらいから徐々に衰え始めると言われています。 また、表情筋の緩みは皮膚のたるみにもつながり、いわゆる“ブルドッグ顔”という、痩せて見えない顔を作り上げてしまいます。 そのため、普段から美顔ローラーを使用するなど、工夫をしなければいけません。

顔をスッキリさせたい方におすすめの美容整形メニュー

「どれだけダイエットをしても、“痩せた”と言ってもらえない…」 このような悩みを抱える方は、美容整形によって顔の肉をスッキリさせることも検討しましょう。 特におすすめの美容整形メニューには、以下が挙げられます。
  • フェイスリフト
  • 輪郭注射
  • ウルトラセルQプラス

フェイスリフト

フェイスリフトは、顔のたるみを全体的に予防する施術です。 皮膚の余分なたるみと、SMAS(表在性筋膜)を引き上げることで、顔を若いころの状態に近づけます。 髪の毛で隠れる部位での処置のため、傷跡も目立ちにくく、手術後の腫れも気にならない程度です。 また、術後にインディバCET(高周波温熱トリートメント)というものを用いたケアを行うと、より美しい仕上がりになります。

輪郭注射

輪郭注射は、メディカルハーブを主成分とする薬剤を、頬やアゴ下など脂肪が気になる部位に注射し、フェイスラインを整える施術です。 使用されるメディカルハーブは、西洋トチノキの種子、西洋クルミ、ヒバマタなどであり、これらは古くから美容、健康管理のために医薬品として用いられ、副作用がほとんどないことでも知られています。 少ないダウンタイムと自然な仕上がりが人気の注射で、施術も10分程度で完了します。

ウルトラセルQプラス

ウルトラセルQプラスは、HIFU(高密度焦点式超音波)という特殊な超音波テクノロジーを利用した、たるみ治療マシンです。 短時間で施術できる上に、痛みや術後の腫れもほとんどなく、快適かつ強力にたるみを引き上げます。 ダイエットをしても二重アゴのラインが残り、スッキリした顔にならないという方にはおすすめです。

まとめ

ここまで、ダイエットをしても顔の肉だけが落ちない理由と、その状況に悩む方におすすめの美容整形メニューを紹介してきました。 体重が落ちればいずれは顔の肉も落ちますが、すぐに効果を得たいという方には、美容整形をおすすめします。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧