ヒゲが濃いことのデメリットと効果のある改善方法

2021年3月1日

“ヒゲが濃い”という悩みは、特に男性の方に多く見られます。 また、ヒゲが濃いと、日常生活においてさまざまなデメリットが生まれてしまうため、効果的な改善方法を知り、実践することをおすすめします。 具体的に解説しますので、気になる方はぜひ最後までお付き合いください。

ヒゲが濃いことのデメリットについて

いくら剃ってもすぐヒゲが生えてくるという方は、日常生活において以下のようなデメリットが生まれます。
  • 女性のイメージが悪くなる
  • 不潔に見られる
  • カミソリ負けが治らない

女性のイメージが悪くなる

ヒゲが濃い男性は、女性のイメージが悪くなりがちです。 もちろん、“ヒゲは男性らしさの象徴”と考える女性も中にはいますが、近年はそれよりも清潔感を重視する方が増えています。

不潔に見られる

ヒゲを丁寧に整えている方や、ファッションの一部としてわざと伸ばしている方であれば、それほど第三者に悪い印象を与えることはありません。 一方、無精ヒゲや青ヒゲなど、ただただ伸びているだけの状態や、思惑通りに生えていないヒゲに関しては、周りに“不潔”というイメージを与えやすくなってしまいます。

カミソリ負けが治らない

ヒゲが濃い方は、1日に1度ヒゲを剃るだけでは、生えるスピードに追い付かないことがあります。 また、朝と夜の1日2回ヒゲを剃る場合、一度カミソリ負けをしてしまうと、治りきる前にまた剃らなければいけないため、皮膚が荒れている状態はなかなか改善されません。

濃いヒゲを改善する効果的な方法

何とか自力で濃いヒゲを改善したいという方は、以下の方法を1つずつ実践してみてください。
  • 食生活を改善する
  • 筋トレの頻度を抑える
  • タバコの本数を減らす
  • しっかり睡眠を取る
  • 日焼け対策をする

食生活を改善する

大豆やバナナ、海藻、ゴボウといった食品を積極的に摂取すれば、身体の酸性が薄くなり、ヒゲの生えるスピードが遅くなるとされています。

筋トレの頻度を抑える

男性の中には、趣味やストレス発散で筋トレをしているという方もいるかもしれませんが、これはあまりおすすめできません。 激しい筋トレをすると、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が増加し、これがヒゲの濃くなる原因となってしまいます。

タバコの本数を減らす

タバコを吸うと、有害物質から身を守るために、身体が男性ホルモンの分泌量を増やそうとします。 また、体内に入った有害物質を排出しようと毛穴が開いてしまい、今度はそこを守るために毛が生えやすくなってしまうため、極力本数は減らしましょう。

しっかり睡眠を取る

寝不足の状態が続き、ホルモンバランスが乱れると、ヒゲが濃くなりやすいため、できる限り睡眠時間は確保しましょう。

日焼け対策をする

肌が日焼けすると、毛穴の開きは活性化され、ヒゲが伸びるスピードも早くなります。 また、日焼けによって皮膚が黒くなると、青ヒゲは特に目立ちやすくなってしまうため、注意が必要です。

ヒゲ脱毛について

美容クリニックで行うヒゲ脱毛は、主に医療レーザーを用いて行います。 そのため、カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりするときのような肌へのダメージ、肌荒れはほとんど発生しません。 また、レーザー照射には、毛穴を引き締める効果もあり、これはニキビの予防にも繋がります。 つまり、全体的にヒゲ剃り跡やニキビがない、ツルンとした若々しい肌を手に入れられるということです。

まとめ

ここまで、ヒゲが濃いことによって生じるデメリット、濃いヒゲの改善方法について解説しましたが、いかがでしたか? ただ隠したり、何度もヒゲを剃ったりすることは、特に改善には繋がらないため、注意しましょう。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧