タトゥーのデメリット、除去するための美容整形手術について

2021年3月10日

海外に比べると、タトゥーはまだまだ日本において、一般的なものではありません。 以前より気軽に入れる方は増えているものの、そのような方の中には、入れたことを後悔し、手術による除去を考えている方も多いです。 今回は、タトゥーのデメリットと、除去するための美容整形手術について解説します。

タトゥーのデメリットについて

タトゥーは針を使用し、皮膚にインクを染み込ませることで、文字や絵を描くことをいいます。 自己表現やオシャレの一環として、腕や首、背中などさまざまな場所に入れられるタトゥーですが、これには以下のようなデメリットがあります。
  • 温泉、プールに入れない
  • ウイルスの感染リスクが高まる
  • 偏見、差別の対象になる可能性がある
  • 献血、輸血に制限がある

温泉、プールに入れない

冒頭で触れたように、日本においてタトゥーはそれほど一般的なものではありません。 「怖い」「ガラが悪い」というイメージが強く、温泉やプールなどの施設では、いまだにタトゥーを入れている方の入場を禁止しているところも多くあります。 その他、海水浴場やテーマパークなどでも、入場を断られるケースがあります。

ウイルスの感染リスクが高まる

タトゥーを入れる際は、皮膚に直接針を刺すため、ウイルスに感染する可能性があります。 もちろん、使い捨ての針であれば問題ないですが、彫り師の中には同じ針を繰り返し消毒して使う方もいます。 このとき、消毒が不十分であれば、エイズやB型肝炎、C型肝炎などのリスクは高まってしまいます。

偏見、差別の対象になる可能性がある

属性にまったく問題がないにも関わらず、タトゥーが入っているだけで、面接や賃貸物件の入居審査などにおいて、マイナスな評価を下されることがあります。 また、初対面の方に、“怖い人”というイメージを与えてしまう可能性も高いです。

献血、輸血に制限がある

タトゥーを入れている方が献血や輸血をするには、施術から1年以上経過している必要があり、なおかつ血液検査を行って、正常な血液であることを証明しなければいけません。 よって、場合によっては大切な方が事故に遭ったときなどに、輸血できない可能性もあります。

タトゥーを除去するための美容整形手術

美容整形手術を受ければ、タトゥーを目立たないようにしたり、除去したりすることは可能です。 また、タトゥーの除去手術にはいくつかの種類があり、要望によって適した手術が変わってきます。 いくつか代表的な手術を紹介しましょう。

ピコレーザー

ピコレーザーは、大きなタトゥーのインク粒子を破壊し、小さな粒子にしてから、さらに小さくなった粒子を破壊することで、綺麗に除去できる手術です。 レーザーの波長が長く、さまざまな色を火傷させることなく破壊できるため、できるだけ手術の痕を残したくない方におすすめです。

クイックリムーブ法

クイックリムーブ法は、特殊なカミソリでタトゥー部分の皮膚を剥がし、新しい皮膚ができるのを待つ手術です。 1回で取れる面積は他の方法より大きいため、広範囲のタトゥーを除去したい方におすすめです。 また、傷跡はケガのように自然な形として残るため、その場所にタトゥーがあったことは気付かれにくいです。 ちなみに、“皮膚を剥がす”と聞くと、身体への負担は大きく感じますが、実際はダウンタイムが少ない手術であり、仕事や学校生活などに支障が出ることはありません。

まとめ

ここまで、タトゥーのデメリットと美容整形手術について解説しましたが、いかがでしたでしょうか? タトゥーを除去したい方は、豊富な施術を取り扱っている美容クリニックに相談しましょう。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧