首にできる2種類のシワと原因について解説します

2021年4月17日

シワと聞くと、目尻やおでこ、眉間などにできるものをイメージする方も多いかと思います。 逆に、意外な盲点となっているのが、首のシワです。 首にできるシワには主に2つの種類があり、当然原因があって目立つようになります。 詳しく解説しますので、気になる方はぜひご覧ください。

首にできる2種類のシワ

首に見られるシワは、主に以下の2種類に大別されます。 ・縦ジワ ・横ジワ

縦ジワ

縦ジワは、“筋ジワ”とも呼ばれるもので、首における縦方向の筋が目立ってしまう状態を指します。 具体的には、顎の下から首の付け根あたりに細かく筋が入るもので、どちらかというと、若い方よりも年齢を重ねている方に多く見られます。

横ジワ

横ジワは、名前の通り首に対して横向きに入るシワであり、こちらは若い方にも見られることがあります。 細かいものもあれば、深くクッキリと刻まれたものもあるのが、横ジワの特徴です。

首のシワが目立つ原因について

首のシワが目立つ原因はさまざまですが、主に以下のようなことが考えられます。 ・前傾姿勢の時間が長い ・寝具が合っていない ・乾燥している ・新陳代謝の低下

前傾姿勢の時間が長い

日常生活において前傾姿勢の時間が長くなると、首のシワは発生しやすいです。 例えば、座ってスマートフォンを見ている時間などは、無意識に長くなっている可能性が高いため、注意しましょう。 また、前傾姿勢は首への負荷、首の凝りなどにも繋がるため、意識的に避けるようにしなければいけません。

寝具が合っていない

高い枕でないと眠れないという方もいるかと思いますが、これは首にあまり良くありません。 枕が高いということは、眠っている際は顎を引いた状態になるため、横ジワを発生させやすくなります。 また、マットレスが劣化している場合、腰が深く沈み、逆に頭が上がることで、首のシワにつながるケースもあります。

乾燥している

首は顔よりも皮膚が薄く、デリケートな部分です。 服の襟などが当たることで、かぶれたり赤くなったりしやすいのはそのためです。 また、首は非常に発汗量が多い部位でもあり、この汗が蒸発すると水分が不足し、乾燥しやすくなります。 そして、この乾燥が皮膚を縮め、シワを発生させてしまうため、首の保湿には十分に気を配りましょう。

新陳代謝の低下

加齢により、新陳代謝が低下すると、皮膚が作り出すコラーゲンの量が減少します。 こちらは、先ほど解説した乾燥に繋がるため、食事やサプリメントなどで補給しなければ、どんどん首のシワは目立つようになってしまいます。

首のシワを改善させるスキンケア

少しでも首のシワを目立たないようにしたいという方は、以下の手順でスキンケアを実施してみましょう。 ①化粧水を馴染ませる 洗顔をした後、首全体に化粧水を馴染ませます。 ②パックをする 美容液もしくはシートマスクで、首にパックを施します。 できれば、コラーゲンやヒアルロン酸が配合されているものを用意しましょう。 ③マッサージをする オールインワンジェルなどで保湿しながら、鎖骨の上部にあるくぼみに親指の付け根が当たるよう、手のひらを首に密着させます。 その後、首の後ろ(頸椎)に向かって、皮膚を持ち上げながら流すように手を動かします(約30秒)。 また、上記のマッサージが終わったら、次は手のひらを同じ位置に置き、耳下腺あたりまで持ち上げるようにして、上方向に動かします(約30秒)。 最後に仕上げとして、指の第二関節を使い、顎の裏からフェイスラインに向けて、流すようにマッサージをします(左右約1分ずつ)。

まとめ

ここまで、首のシワの種類、原因、スキンケアの方法について解説しましたが、いかがでしたでしょうか? 生活習慣を改善し、根気強くケアをし続ければ、首のシワはある程度改善されます。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧