おでこのシワができる原因と改善するためのマッサージ

2021年5月8日

年齢を重ねるにつれて、顔のシワが気になってきたという方も多いでしょう。 特におでこのシワは広範囲にできるため、一度現れると目立ちますし、髪の毛が短い方はなかなか隠すこともできません。 今回は、おでこのシワができる原因と、改善するためのマッサージ方法を中心に解説します。

おでこのシワの主な原因

おでこのシワができる主な原因は、以下の2つです。 ・肌へのダメージ ・表情のクセ

肌へのダメージ

“おでこのシワ=加齢”というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、必ずしも加齢が原因とは限りません。 紫外線を浴びたり、乾燥したりすることで、肌がダメージを受けると、若い方でもシワがくっきり出ることがあります。 特に、額は常に見えている部分であり、顔の中でも紫外線の影響を受けやすいため、対策は必須です。 また、おでこはどちらかというと乾燥しにくいと思われがちですが、テカリを気にしてフェイシャルペーパーなどを多用したり、洗いすぎたりすると、皮脂が足りなくなり、乾燥を進めてしまうおそれがあります。

表情のクセ

おでこは表情を変える際によく動く箇所です。 そのため、額を上げたり下げたりするクセがある方は、必然的にシワができやすくなってしまいます。 特に、年齢を重ねている方にそのようなクセがあると、一度ついたシワはなかなか戻らないため、注意が必要です。 また、眉を寄せるクセがある方は縦シワも入りやすくなるため、意識して制御しましょう。 もちろん、日々のストレスや疲れにより、常にこわばった顔をしているような方も、おでこのシワが発生しやすくなります。

おでこのシワを改善するマッサージの方法

少しでもおでこのシワを改善したい方は、以下の手順でマッサージをしてみましょう。 ①中指と薬指でおでこのシワを伸ばす ②螺旋を描きながらこめかみまで滑らせる ③こめかみを押す こちらのマッサージを実践する際は、肌にダメージを与えないよう、オイルやクリームを使用して滑りを良くしておきます。 また、力を入れすぎるとシワがより目立つおそれがあるため、優しくマッサージすることを心掛けましょう。 ちなみに、おでこに使用する基礎化粧品には、“コエンザイムQ10”など、できるだけ抗酸化作用の高い成分が入ったものを使用すべきです。 コエンザイムQ10は、皮膚をダメージから守るため、内側から潤いを与えてくれます。

おでこのシワを改善する美容整形手術

先ほども触れたように、ある程度年齢を重ねている方は、マッサージを毎日行っても、なかなかおでこのシワが消えないことがあります。 そのような場合には、ボトックス注射やヒアルロン酸注入などの美容整形手術も視野に入れましょう。 ボトックス注射は、シワの原因となる筋肉の動きを止めることで、シワをできにくくするという施術です。 顔全体のバランスを見ながら、控えめに注入してくれるような美容整形クリニックに通えば、自然でバレにくいシワ取りを実現できます。 また、ヒアルロン酸注入は、透明のジェル状の薬剤を注入し、溝や窪みを埋める施術です。 ヒアルロン酸は元々人体にある物質であり、コラーゲンの組織を保持する働きが認められています。 具体的には肌組織の水分や潤滑性、柔軟性を保つのに役立っています。 ヒアルロン酸をおでこに注入することで、元々体内に存在していた自身のヒアルロン酸と融合し、皮膚に膨らみを持たせ、シワを隆起させてくれます。

まとめ

ここまで、おでこのシワに関して解説してきましたが、いかがでしたでしょうか? あまりにもシワが目立って気になるという方は、本格的に美容整形クリニックで施術を受けることをおすすめします。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧