ふくらはぎが太くなる理由と効果的な改善方法について

2021年5月26日

女性の中には、“女性らしい脚”に憧れているという方も多いでしょう。 スラッとした美脚であれば、さまざまなファッションを楽しむことができます。 しかし、中にはふくらはぎが太いことがコンプレックスになっている方もいるかと思います。 今回は、ふくらはぎが太くなる原因と効果的な改善方法を見ていきましょう。

ふくらはぎが太くなる4つの原因

ふくらはぎが太く、たくましくなってしまう原因としては、主に以下のことが挙げられます。 ・むくみ ・脂肪が多い ・筋肉がない ・筋肉が張っている

むくみ

何らかの原因で脚にむくみが出ると、必然的にふくらはぎが太くなったように見えてしまいます。 また、むくみが出る原因としては、以下のことが挙げられます。 ・塩分の過剰摂取 ・座っている時間が長い ・歩いている、立っている時間が長い など

脂肪が多い

単純に、ふくらはぎに脂肪がつきすぎている場合も、当然通常より太く見えてしまいます。 特に、下半身太りしやすい方の場合、上半身は普通にもかかわらず、下半身だけ太くなってしまい、身体全体のバランスがとても悪くなります。

筋肉がない

筋肉がないふくらはぎは、細く見えると思われがちですが、実際は真逆です。 ふくらはぎの筋肉が衰えると、たるみが目立つようになり、実際それほど脂肪がついていないにもかかわらず、太くなったように見えてしまいます。 特に、運動不足の方や冷え性の方、タンパク質やミネラルなどの栄養が不足している方はたるみやすいため、注意しましょう。

筋肉が張っている

ふくらはぎの筋肉は、ヒラメ筋や腓腹筋などで構成されていますが、これらを日常生活で使用しすぎると、パンパンに張ってふくらはぎが太く見えてしまいます。 以下に該当する方は、特にふくらはぎの筋肉が張りやすいため、覚えておきましょう。 ・運動のしすぎ ・歩く際、立つ際の重心がつま先になっている ・階段等を上る際に太もも、お尻の筋肉をうまく使えていない など

どうすればふくらはぎは細くなる?

ふくらはぎが太いことに悩んでいる方は、以下の改善方法を実践してみましょう。 ・マッサージ ・ストレッチ ・筋トレ ・生活習慣の改善

マッサージ

以下の手順でマッサージすることで、ふくらはぎのむくみが取れ、細くすることができます。 ①仰向けになる ②両膝を立てる ③左膝の上に右ふくらはぎの中央を乗せる ④右足を上下に動かし、左膝で右ふくらはぎを刺激する(30秒継続) ⑤左膝に乗せていた右ふくらはぎを少し左側にずらす ⑥右足を上下に動かし、左膝の外側で右ふくらはぎの外側の筋肉を刺激する(30秒継続) ⑦左右の足を入れ替え、③~⑥の動きを行う

筋トレ

筋肉がないことによるたるみ、座りっぱなしによるむくみが原因で、ふくらはぎが太く見えているという方は、以下の手順でふくらはぎを引き締めましょう。 ①足を肩幅に開いて立つ ②両手にダンベルを持つ ③背筋を伸ばし、手を身体の横に置く ④踵を上げ、つま先で身体を支える ⑤踵が地面につくギリギリまで身体を下ろす 上記④~⑤の動きを20回繰り返し、こちらを1日3セット行うことで、引き締まったふくらはぎに近づけます。

生活習慣の改善

ふくらはぎに脂肪がつきすぎている方は、1日の摂取カロリーが目安を超えている可能性があります。 よって、1日の摂取カロリーは1,400~2,000kcalに抑え、糖分や脂質の摂取もできるだけ控えましょう。 また、塩分の摂取を抑えたり、タンパク質を多めに摂ったりすることも重要です。

まとめ

ここまで、ふくらはぎが太くなる原因、改善方法について解説しましたが、いかがでしたでしょうか? 美容整形クリニックは、ボトックス注射などふくらはぎの太さを改善できる施術も取り扱っています。 東京都中央区・名古屋市中村区・京都市南区・神戸市中央区で包茎治療や早漏治療、増大手術のご相談は、男性専用クリニックの本田ヒルズタワークリニックへご相談下さい! お待ちしております。

カテゴリ一覧